大阪農林会館について

HOME > 大阪農林会館について

歴史

大阪農林会館ができるまで
-戦後の外観写真-
昭和5年
三菱商事大阪支店として三菱地所が設計し、建築される。三菱地所に籍をおいて活躍した建築家ジョサイア・コンドル氏はじめ、曽根達蔵、真水英夫、保岡勝也、桜井小太郎、など多くの有名建築家を育て上げた作品のひとつである。
昭和24年
三菱商事より売買受渡しされ、農林省資材調整事務所・食糧事務所・食料品配給公専・関西砂糖部として開始した。 株式会社大阪農林会館として登記される。
昭和24年
賃貸ビルとしてビル運営開し、現在に至る。

歴史

  • 大阪農林会館のギャラリーを見る
  • 大阪農林会館へのアクセス

PAGETOPへ