年の瀬

コーニッシュグループ

年の瀬というのは、基本的に「暮れ」「年末」という言葉と同様にですが、
特に12月後半の時期を指します。

まず年の瀬の「瀬」とは川の瀬のことを指します。
瀬というのは川の岸に近く、浅くて流れが速い箇所のことで、急流なため船で通るのが困難な場所のことです。

そこから転じて「立つ瀬が無い」など場所、拠り所、機会の意味でも使われるようになりました。

さらに、最後の拠り所ということから、「年の瀬」は一年最後の一番忙しい年末の時期を呼ぶようになったと言われます。

江戸時代はツケ払いが殆どだったようで、お金が入った時にそれまでの分をまとめた払うというのが普通でした。

その為、年内には未払いであるものを清算しないといけない(またはツケを年内に払ってまっさらな状態で新年を迎えたい)ので、たまった支払を行う困難さを、川の瀬に喩えて表したそうです。

たまった支払をしないと年を越せないけど、支払いをすると食事代がなくなる、暖をとる薪代が無くなる、死んでしまうといった鬼気迫る状況を表しているそうです。

年末の懐具合の厳しさはお歳暮、忘年会、クリスマス、お正月、新年会と続く現代のそれと変わらなかったようです。

江戸時代の庶民といっても遠い昔の話でしたが、年の瀬という言葉を通じて少し親近感が涌きました。

金欠.png

  • [ 2018年12月26日 ]
  • コメント(0)
  • TOP▲
コメント
コメントを投稿
投稿いただいたコメントは内容確認後、掲載されます。通常、公開までに1週間程度の時間をいただいています。

ページの先頭へ戻る